« 原子力発電をやめるべき | トップページ | 東洋町は地層処分に不適 »

2007年3月24日 (土)

公開質問状の回答結果

みなさん、お待たせしました。
「高レベル放射性廃棄物の地層処分」について、高知県議会議員選挙に立候補予定のみなさんにお願いした公開質問状の回答結果を再掲いたします。
「公開質問状回答結果修正版331」をダウンロード
「補足資料」をダウンロード
質問状は、3月8日に提出していましたが、不手際があり公表がおそくなりました。
ご迷惑をおかけしたみなさんに、深くお詫びいたします。
「公開質問状」をダウンロード
「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード

Monobe2_10公開質問状を送った方は63名(うち立候補見送り1名)、7項目に回答いただけた方は40名でした。
残念だったのは、現職の自民党会派13名と公明党会派3名の方々から、個別にご回答いただけなかったことです。
自民党会派からは「議会として決議、意見書を採択しており、回答する必要はないと判断いたしました」と、公明党県議団からも同様の趣旨の書かれた回答書が郵送されてきました。

嬉しかったのは、ご回答いただけた40名中32名のみなさんに、質問7「県民県土を放射能汚染から護るため、『高知県・核廃棄物拒否条例』制定にご賛同いただけますか」に「はい」または「趣旨に賛同」と回答していただけたことです。

県政記者室では、高知県民の関心が高まるよう、ぜひ記事にしてくださいとお願いしてきました。


《写真は物部/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 原子力発電をやめるべき | トップページ | 東洋町は地層処分に不適 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5799242

この記事へのトラックバック一覧です: 公開質問状の回答結果:

» 地震学者が原環機構の妄想を一刀両断(^_^) [土佐高知の雑記帳]
24日の「高知新聞」夕刊は、高知大学岡本眞教授との一問一答を掲載している。このなかで岡村眞教授は原環機構が「地震の際の揺れは地表より地下が小さい」を安全性の根拠の一つにしていることについて、地震学者の立場から... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 16時54分

« 原子力発電をやめるべき | トップページ | 東洋町は地層処分に不適 »