« 彼我の差異 | トップページ | 23日から四国連続上映 »

2007年2月16日 (金)

対馬の講演会第2弾

国境の町 対馬では、京大原子炉実験所の現役研究者 小出裕章さんの講演会を2晩続けて開催、あわせて900人ほどの市民が参加したそうです。
高レベル放射性廃棄物最終処分問題について国と原環機構は、住民に対して十分な情報公開をしないまま市町村首長の判断だけで候補地を確保しようという企みのようですが、この情勢を判断するために私たちは、多方面から公正な情報を得て、賢い市民となりたいものです。

Photo_2114日の厳原町での小出裕章さん講演会(550人)に続き、15日夕の上対馬町での講演会も350人のみなさまが出席していただき、大成功のうちに終わりました。上対馬のみなさまは、推進派が元気がなかったというように、余裕すら感じました。小出さんの感想は「良い集会だった」そうです。原環機構はまた、小出さんに敗北するのはまちがいないでしょう。


《写真は岡田充弘さん撮影》

|

« 彼我の差異 | トップページ | 23日から四国連続上映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5364014

この記事へのトラックバック一覧です: 対馬の講演会第2弾:

« 彼我の差異 | トップページ | 23日から四国連続上映 »