« 映像は語る | トップページ | 青森県東通村でも! »

2007年1月 8日 (月)

津野町からの報告

津野町で署名運動をしている仲間からの報告が届きました。

Photo_12昔、四国のチベットとも言われた津野町の最奥、旧仁淀村と接する地域へ署名活動に。ここは、わたしの子供時代には、バスも通わぬ籠もり里といった風情の集落でした。働き者の多いこの地域の方々は天気がよければ、家はたいてい留守。今日は、霙マジリの寒い日なので、きっと家におられると、見当を付けていってみると、あったりー。皆さん、コタツで暖を取っておられました。
署名には「もう、すんじゃあセンが?」といわれます。東洋町の現状・拒否条例要請についての説明に。
それぞれのお宅でそれぞれの反応。家族の中で、質問があると、皆さん、説明を聞いてくださる。大抵のお宅で「寒いのにごくろうさんねえ。」「頑張ってや。」署名をしながらの励まし。
今日は、午後から32人の方が応じてくださいました。

ところで、ここ津野町の議員さんには、昨日の段階で「まだ、文献調査を受け入れても引き返すことができると思うし、自分たちは、そのつもりで取り組んだ」といっている方がいます。この議員さんは決しておかしな推進派ではなく、素直でまじめな方です。地域の人々に信頼のあった方です。
ですから、推進派だった人たちは現在、どういう気持ちでいるか、押して知るべしです。聞くところによると新年になった今でも、まだ、六ヶ所参りをするそうな。
一度、NUMOと仲良くなった人たちは、簡単に手を切ることができないみたいです。

「心まで汚染する放射能!」と、キャッチコピーできそう。


《写真は西村健一さん提供》

|

« 映像は語る | トップページ | 青森県東通村でも! »

コメント

keiさん、コメントありがとうございます。
高知県でも、冬は寒いですよ。
先週の日曜日1月7日は、朝は高知市内平野部も雪景色でした。きょう1月12日(金)夕方5時から6時まで街頭署名運動に立ったのですが、ハンドマイクを握る手がかじかみ、しびれ、鼻水が垂れてきました・・・、汚い話でごめんなさい。

正直なところ、高知県民の意識はまだまだですね、とくに高知市民は。自分のこと、自分の目先のことにしか意識が向いていない方のほうが多いです。どうすれば目覚めてもらえるか、考えながら行動していくしかなさそうです。

投稿: げき | 2007年1月12日 (金) 20時39分

署名運動 ご苦労さまです。。。。
寒いんでしょう??高知でも??

原発を中心に段々と日本中の意識がわきあがってきた様な気がしていますが。。 今年その結果がある程度出てくるでしょうね・・・

「心まで汚染する放射能!」、、、、、
僕は見えませんが 霊能者に言わせると
あちらの世界まで 放射能の影響はいくのだそうですよ。。。。。 ですから向こうからも 一生懸命こちらにシグナルを送っている時だとか。。。。

 もう皆一緒に 原発縮小へ消滅へ向かいましょう!

投稿: kei | 2007年1月 9日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4853065

この記事へのトラックバック一覧です: 津野町からの報告:

« 映像は語る | トップページ | 青森県東通村でも! »