« 幻の高知県非核港湾条例 | トップページ | 帯パラ前街頭署名運動 »

2007年1月19日 (金)

東洋町長の釈明を

東洋町議会は、来週月曜日の1月22日10時から町議全員協議会を開催、田嶋裕起町長の釈明を求めるそうです。また木曜日の1月25日13時30分から、住民の2/3を超える応募反対請願書について審査するそうです。

Muroto_6昨年3月の時点で、田嶋裕起東洋町長が独断で高レベル放射性廃棄物最終処分場の候補地に応募したが受理する前に差し戻されていたことが1月15日に明らかにされ、高知県民だけでなく支援してこられた全国の多くのみなさんは"民主主義をないがしろにした行動"にあきれかえってしまいました。
この事実を白日の下にさらした沢山保太郎さん代表の「東洋町の核廃棄物埋設施設に反対する県民連絡会」のご尽力に敬意を表します。

一方、東洋町住民のみなさんは、取り組みからわずか1ヶ月間の1月15日までに、中学生以上の住民を対象としてその2/3を超える2179名の反対署名を集めました。また東洋町議会では、町議10名のうち議長を除く9名中過半数の5名の方々が、請願書に賛同し紹介議員として名を連ねたそうです。
東洋町住民のみなさんの意向で、このブログでは反対署名運動の詳細をお伝えしませんでしたが、年末には過半数を集めたと聞き、ひそかに快哉を叫んでいました。
ほんとうによくなさいました!! 
もう一息、詰めていきましょう!!
私たちも、最後の東洋町町外街頭署名運動を県条例請願署名とあわせ今夕おこない、ただちに東洋町にお送りします。


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 幻の高知県非核港湾条例 | トップページ | 帯パラ前街頭署名運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4990276

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町長の釈明を:

» ◆議会基本条例を制定した北海道・栗山町の議長の講演会。2月10日(土)・名古屋 [てらまち・ねっと]
 北海道の栗山町議会は2006年5月18日、議会の活性化を目指し、町長らの議員への逆質問や本会議などでの議員同士の討論を可能にし、町民を交えた「一般議会」を開くなどの「議会基本条例」を全会一致で可決しました。  具体的なことは、 ◆北海道・栗山町の議会基本条例の制定。議会を議論の場に。 2006.5.19ブログ で紹介しました。(条例や制度についてリンクしています)  来る2月10日、「自治ネット」(無党派・市民... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 18時27分

« 幻の高知県非核港湾条例 | トップページ | 帯パラ前街頭署名運動 »