« 帰ってきた高レベル | トップページ | みえない雲 »

2006年12月19日 (火)

地球を汚染する放射能

去る10月20日高知大学で講演していただいた、ローレン・モレさんの来日講演ツアー集大成の記録がアップされました。当日会場で見えにくかったスライドも、拡大してごらんいただけます。

http://www.harmonicslife.net/gallery/v/RadiationHealth/放射線と健康

Monoibe2_2広島、長崎への原爆投下のあと、1954年以降のビキニ諸島水爆実験はじめ、米国、ソ連、イギリス、フランス、中国は、核実験をくりかえし、湾岸戦争以降は核のごみから造った劣化ウラン弾がイラク、アフガニスタン、旧ユーゴスラビアの大地にばらまかれてきました。チェルノブイリ原発事故による汚染の影響や、旧ソ連が核廃棄物を自然界に放棄してきた影響など・・・放射能汚染は広がり、いのちあるものを脅かし続けてきました。

放射能汚染の影響の実態を、ローレン・モレさんは人類共通の問題として解き明かしてくださいました。
低レベル放射線被曝でさえ癌や白血病が増加することは、原発周辺の医療従事者はよおく理解しています。
10月20日の講演内容も、ごらんください。
「Moret10202006.pdf」をダウンロード

原子力と人類は共存できるはずがありません。
これ以上、地球環境を痛めつけていいのでしょうか。


《写真は中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 帰ってきた高レベル | トップページ | みえない雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4608583

この記事へのトラックバック一覧です: 地球を汚染する放射能:

« 帰ってきた高レベル | トップページ | みえない雲 »