« 余呉町長が応募断念!! | トップページ | 川に捨てられた核のごみ »

2006年12月 8日 (金)

真珠湾攻撃から65年

真珠湾攻撃から65年目の今夜、高知市内の反戦集会で、記録映画『戦争をしない国 日本』を見ました。

「chirasi2.pdf」をダウンロード

Mihara

「1954年、ビキニ環礁での水爆実験は、広島原爆の数百倍の規模であった」
「湾岸戦争は、米軍の古い兵器の処分場、
劣化ウラン弾やクラスター爆弾など新しい兵器の実験場だった」
「2006年の沖縄本土なみ米軍再編とは、沖縄なみに米軍基地が本土に拡散したということ」・・・
日本の現実とここに至る道筋が衝撃的に理解できました。
憲法に描かれた「戦争をしない国 日本」が、じつは米国の核の傘の下、いかに米国の思うがままに操られてきたか。

http://www.filmkenpo.net/戦争をしない国 予告編


65年前の真珠湾攻撃のときには無かった放射能汚染。
広島、長崎以降、放射能汚染は地球規模で広がってしまいました。そして、これから・・・


《写真は三原村/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 余呉町長が応募断念!! | トップページ | 川に捨てられた核のごみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4474429

この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾攻撃から65年:

» 「戦争をしない国の映画」を見る [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 ドキュメンタリー映画だそうです。全国各地で上映運動がされているようで、ご近所の [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 19時41分

« 余呉町長が応募断念!! | トップページ | 川に捨てられた核のごみ »