« 核の清算 | トップページ | 電気の大量消費のあとに »

2006年12月12日 (火)

余呉町から感謝状

滋賀県余呉町「余呉の明日を考える会」から応援へのお礼と、高知県応援のメールが届いています。

Nangoku_4『署名のお礼とお知らせ』
今回の「余呉の明日を考える会」が取り組みました、核のゴミの受け入れ反対の署名活動は、大きな取り組みとなり、結果的に畑野町長が受け入れを断念することとなりました。今月の6日の午後4時、畑野町長は受け入れ断念の記者会見を致しました。
結果は「今回の応募を取り止める」という発表でした。
多くの報道陣がつめかける中での発表でした。
ご支援、ご協力いただきました皆さんに厚く感謝申し上げます。
6日現在で署名は全体で9000名を超えました。町内は2200名を越え、過半数を超えました。
3週間程度の署名活動としては大変な数です。
今回の反対署名によって、今まで推進に協力していた議員や、はっきり態度を表明しなかった議員の姿勢を変えたものと確信しています。本当にありがとうございました。
町長の表明で断念した理由は下記の理由であると述べました。
① 安全と考えてきたが、そうでないことが分かり勉強不足であった。
② 応募に対する住民の十分な理解が得られなかった。
③ 町の財政の対策をこんな方法で求めてほしくないという声が多かった。
④ 自然豊かな余呉町のイメージを壊さないでほしい声が多かった。
⑤ こんな大きな問題を短期間で結論が出せる問題ではないことを自覚した。
 
また今回の件の成果(13回の住民説明会)については次の点が述べられました。
①財政の危機的状況であることが理解された。
②「安易な交付金にたよらないで、住民の力を結束してこの危機を乗越えよう」との声があり、住民との対話ができた。
③国民的課題であるという問題提言が全国にできた。
 
尚、この日議員の全員協議会の席で町長が応募の断念の表明をした件について、推し進めるべきという議員は少数で、大半の議員が止めるべきとの意見が多かったとの説明が町長からありました。
■署名は12日まで続けていますが、12日現在、全体で1万3000名を超えているものと思います。正確な数はホームページ等で発表します。 
■下の記事は中日新聞の記事ですが、7日の朝刊で各社が大きくとりあげました。テレビは5社が6日の夕刻ニュースで報道しました。
"http://www2.cny.ne.jp/yp0266/seigan/chunichi2.jpg" \*


《写真は南国市/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 核の清算 | トップページ | 電気の大量消費のあとに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4516899

この記事へのトラックバック一覧です: 余呉町から感謝状:

« 核の清算 | トップページ | 電気の大量消費のあとに »