« 滋賀県余呉町の署名運動 | トップページ | 道路整備とストロー効果 »

2006年11月24日 (金)

環境に負けない力

東海地震震源域のまうえに位置する浜岡原発の風下にあたる首都圏では、原発震災による放射能被曝を最小限にくいとめるためのグッズがセット販売されています。強力な防塵マスクとか、放射性ヨードを体内にとりこまないための無添加の天然とろろ昆布とか・・・
でも急場しのぎの前に、日常的に、環境に負けない力を、本来の生命力を養っておきたいものですね。

Kai冷たい雨模様の勤労感謝の日、『アトピー治しは、まず食から』という料理教室を「NPO法人 土といのち」の主催、高知市内で行ないました。
おとな12人、1歳から11歳までの子ども9人の、にぎやかで楽しい集まりでした。

講師は、2、3歳のときからアトピーで、ずっと20年間ステロイドホルモン剤を使ってしまったけれど、食事を変えることで体を浄化できたKさん。その浄化のプロセスは、語り尽くせないほど壮絶だったそうです。
でも、その体験をとおしてこそ獲得できた知恵と技を、まわりの人々と共有する暮らしに、今は満足されているそうです。

ポイントは、いのちのある食材。
白米より玄米、雑穀、豆類など、そのまま発芽する力をもつ、まるごと食品を主食に、農薬や化学肥料で弱った土ではなく、土壌微生物がたくさん存在するすこやかな土から収穫した野菜をまるごと副食にすること。
なんと単純なことでしょう。人類が大昔から続けてきたこと。

地球環境は放射能や化学物質で汚染され続けてきたけれど、
環境をこれ以上悪い状態にしないようにする社会的なはたらきかけと同時進行で、私たち自身のからだに不要なものを溜めこまない、いのちをまっとうできる暮らしを組み立てたいものですね。


《写真は岡田充弘さん撮影》

|

« 滋賀県余呉町の署名運動 | トップページ | 道路整備とストロー効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4302974

この記事へのトラックバック一覧です: 環境に負けない力:

« 滋賀県余呉町の署名運動 | トップページ | 道路整備とストロー効果 »