« 余呉町署名活動を | トップページ | 余呉町応募へ »

2006年11月13日 (月)

NUMOの新聞広告

11月12日付高知新聞にNUMOの広告が掲載されています。これまでに少なくとも3回は掲載されました。

Tukiyo内容を検討しましょう。

1”電気を毎日使う私たちの課題「高レベル放射性廃棄物」その処分に取り組んでいるのがニューモです”

サイドラインまでつけているこの文には、2つのごまかしがあります。
ひとつは、原子力発電による電気をも使わざるをえない、電力業界の独占的なこれまでのしくみを前提として、電力消費者に「課題」という責任をおしつけようとしていること。
ふたつめは、後片付けの方法も確立しないで40年間も原子力発電を推進してきたエネルギー政策の責任を、政府が引き受けるのではなく、国民に責任転嫁しようとしていること。

2”電気の約3分の1を作っている原子力発電”

数値のトリックの常套手段です。出力制御の難しい原子力発電だから、ほかの発電供給量を制御しておさえているだけなのに、こう言う。東京電力に電気を供給している原発17基全てを止めても停電しなかったことが数年前にありましたね。
《報道》東電原発停止 日経エコロジー 参照

3”地下300メートルより深い安定した地層”

海洋プレートと大陸プレートがせめぎあって形成された地震列島日本において、定期的に起きている南海地震は地下300メートルよりずっとずっと深い地層で、繰り返し断層運動を起こしています。

4”この「地層処分」は、国際的に共通した処分方法です”

さも、確立した処分方法のように言うけれど、どこの国でも研究段階ですよね。
せいぜい試験にゴーサイン段階であることは、《行政》資金管理センター「諸外国の高レベル放射性廃棄物処分等の状況」サイトにも明らかです。

《写真は高知/岡田充弘さん撮影》

|

« 余呉町署名活動を | トップページ | 余呉町応募へ »

コメント

「赤ちゃんパンチ」も読ませていただきました。
おなじ憤りと未来を気づかう思いで、NUMOの新聞広告に対するブログを書いていらっしゃることを知って、嬉しさでいっぱいです。

投稿: げき | 2006年11月15日 (水) 09時28分

げきさん
トラックバックと、コメントありがとうございました。
先日から時々読ませていただいています。津野町の決定も感激しました。

投稿: さくら子 | 2006年11月14日 (火) 23時35分

Mikkiさん、嬉しくて涙のこぼれそうなコメントをありがとうございます。
核のゴミ問題にかぎらず、住民の意識が追いつかないまま、大きな力で物事が決着していくありかたに疑問と恐れを覚えています。
ささやかでも、住民が考え判断するために情報を共有する場としてのブログでありたいと願っています。

投稿: げき | 2006年11月14日 (火) 09時42分

げきさん、おはようございます。
ブログ、きれいで活力と思いやりのあるげきさんそのままの素敵なブログですね。毎日2回は覗いています。
権力を行使する立場にある方たちの多くは橋本知事や我が町の町長・議員のように住民のことを真摯に考え行動しています。でも中には、いまだに、「よらしむべし、知らしむべからず」という発想で住民をコントロ-ルしようとする権力者も現実に存在します。
電子メディアは、迅速で、しかも見る人が主体的に情報を判断できるので、住民が無用なコントロ-ルをされないためのとても有効な手段です。素直で、公平な情報をみんなと共有しようとしているげきさんのブログ、そのほかのすばらしいHP・ブログに敬意と拍手を送ります。

投稿: Mikki | 2006年11月14日 (火) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/4165492

この記事へのトラックバック一覧です: NUMOの新聞広告:

» 昨日のつづき・「ニューモ」ん? [はるのかんたんふ]
昨日の続きです。「ニューモ入門」なんてダジャレを言ってる場合か!と、広告に「ツッ [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 22時35分

« 余呉町署名活動を | トップページ | 余呉町応募へ »